にあって(は)/にあっても/あって
N1 基准内+收藏+补充关注热度:
接续N+にあって

意思∼に/∼で  ...的状况下

功能场景用于表达<時点・場面>的场景
例句
  • 今、A国は経済成長期あって、人々の表情も生き生きとしている。/现在A国正值经济增长期,人们的表情也很精神。

  • この非常時あって、あなたはどうしてそんなに平気でいられるのですか。/在这个非常时期,你为什么能那么平静呢?

  • どのような困難な状況にあっても、彼は決してあきらめなかった。/无论面对怎样困难的情况,他都没有放弃。

  • 地球温暖化が進む状況あって、低炭素社会への変革が求められている。/在全球变暖不断加速的情况下,我们必须进行改革,向低碳社会发展。

  • 火事などの非常期あって、落ち着いて行動することがまず大事だ。/在发生火灾的非常时期,行动冷静是最重要的。

  • 不況下にあっても、順調に業績を伸ばしている企業があります。/即使在不景气的情况下,也有业绩良好增长的企业。

解析
1)「∼のような特別な事態・状況に身をおいているので、または身をおいているのに」「こんな大変な状況にいるので」と後のと言いたいときに使う。
2)①②のように、文と順接的につながることもあるし、③のように「こんな大変な状況にいるのに」と逆接的につながることもある。

1)“由于正处在~这种特别的事态、情况之中,或虽然身处在其中却…”之意。
2)可以如例句①②,“由于处在这种颇费周章的情况之下”,从而和后半句为顺接关系的,也可以如例句③,“虽然处在这种颇费周章的情况之下”,从而和后半句形成逆接关系。
注意
①常用表示时间、机会、场所、状况、场合的名词。
②「~にあっては」用作顺接。「~にあっても」常和疑问词搭配使用,用作逆接,意思是"即使在······的条件下,也······"。
易混淆语法辨析
あっての /とあって /にあって(は)/にあっても/あって/

辨析:

①接续不同
「〜あっての」和「〜にあって」前面都接「名」。「〜とあって」前面接「動普通形/ィ形/ナ形語幹/名」。
②意思不同「〜あっての」表示条件,意思是“有了前项才有后项”。「〜とあってJ表示原因,意思是“因为……”。「〜にあって」作状语,提示所处的时代、立场、状況,意思是“处在……”、“在……之下”。
【例句】
△家族あっての幸せだ。/有了家人才会感到幸福。
△日曜日とあって、人出が多い。/因为是礼拜天,所以人很多。
△緊急時にあって、冷静かつ迅速な行動が必要だ。/在紧急情况下,需要冷静而迅速的行动。


  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

咨询热线

400

889-6622