たとたん(に)
N2 基准内+收藏+补充关注热度:
接续Vた+とたん(に)

意思∼したら、その瞬間に  就在做~的那一瞬间

功能场景用于表达<時間的前後>的场景
例句
  • ① ずっと本を読んでいて急に立ち上がったとたん、めまいがしました。/一直在看书,突然站起来的瞬间头晕目眩。
  • ② わたしが「さようなら」と言ったとたん、彼女は泣き出した。/当我说出再见的瞬间,她哭了出来。
  • ③ 出かけようと思って家を出たとたんに、雨が降ってきた。/正要出门的时候,下起了雨。
  • ④ 電話のベルが鳴ったとたんに、みんなは急にシーンとなった。みんなが待っていた電話なのだ。/电话铃声响起的瞬间,大家突然变得安静了,是大家等待的电话。
解析
1)「∼たとたん(に)…」の形で、「∼」が終わったのとほとんど同時に「…」という予期しないことが起こった、と言いたいときに使う。前のことと後のことは、互いに関係があることが多い。 
2)「たとたん(に)」は現実のできごとを描写するのであるから、意志的な行為を表す文や「よう・つもり」などの意志の文・命令文・否定文などが後に来ることはない。また、自分のことには使えない。◆×国へ帰ったとたんに、結婚しようと思います。

1)采用「∼たとたん(に)…」的形式,意为,几乎和「∼」的结束同时,发生了「…」这种无法预料的事。前面的事情和后面的事情多为相互间有关联的事情。 
2)由于「たとたん(に)」是描述现实中发生的事的句型,所以后半句不出现意志性行为或带「よう・つもり」等的意志句、命令句、否定句等。另外,不用来描述自己的事情。
注意

1.前项刚一发生,接着就发生了后项,后项多是意料之外的事情,并且是说话人亲历的已经发生了的事情,因此句末只能是过去式。
2.后项不能是表示命令、意志、推量、否定的内容。

易混淆语法辨析
か~ないかのうちに /たとたん(に) /しだい/

辨析:

相同点:意思基本相同,都可以表示“一……就……”。
不同点:
 ①接续不同「〜か〜•ないかのうちに」:接续方法为「動辞書形+か+動ない形+ない+かのうちに」。「〜たとたん」:前面接「動た形」。「〜次第」:前面接「動ます形」。
②用法不同「〜か〜ないかのうちに」:相当于「〜のあと、すぐ次のことが起こる」。表示前后项几乎同时发生,强 调前后项的间隔之短。「〜たとたんJ :相当于「〜たら、〜になった」。后项多是意料之外的事情,并且是说话人亲历的巳经发生了的事情,句末只能是过去时。「〜次第」:相当于「〜のあと、すぐに〜する」。后项是有意识的、积极的行为。由于后项是即将要做的事情,所以不能用过去吋。
【例句】
△授業が終わるか終わらないかのうちに、生徒たちは教科書を片付け始めた。/课刚结束,学生 们就开始收拾教科书。
△駅を出たとたん、大雨が降ってきた。/一出车站,就下起了大雨。
△向こうに着き次第、連絡してください。/一到那边,就请跟我联系。


  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

微信咨询

09:00

|

23:00

咨询热线

400

9933-715