にたいし/たいする/たいして 【に対し/対する/対して】
N2 基准内+收藏+补充关注热度:
接续N+に対し/対する/対して / Nに対するN

意思∼に/∼を相手として  以~为对象

功能场景用于表达<関連・対応>的场景
例句
  • 小林先生は勉強が嫌いな学生に対し、特に親しみをもって接していた。/小林老师对于不喜欢学习的学生特别的关切。

  • この奨学金は将来教員になりたいと思っている人に対し与えられるものです。/这个奖学金是奖励给将来想成为教员的人。

  • 今のランさんの発言に対し、何か反論のある方は手を挙げてください。/对刚才ランさん的发言有什么反对意见的人请举手。

  • 青年の親対する反抗心は、いつごろ生まれ、いつごろ消えるのだろうか。/青少年对父母的反抗心里  是什么时候开始什么时候消退的呢。

  • 目上の人に対し敬語を使う/对长辈上级要实用敬语

解析
1)行為や感情が向けられる相手や対象を表す。相手に直接、行為や気持ちが及ぶときに使う。後には相手に向けて働きかける行為、態度を表す表現が来る。 
2)後に名詞が来る場合は④のように「に対する N」という形になる。

1)表示一个行为或一种感情的对象、接受者。在行为、情绪直接影响到对方时,即使用本句型。后面多出现动员对方做某事的行为、态度等内容。 
2)后面出现名词时,如例句④,变为「に対するN」的形式。
注意
「~に対する/に対しての」后续名词作定语使用。

  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

微信咨询

09:00

|

23:00

咨询热线

400

9933-715