(か)とおもいきや 【と思いきや/かと思いきや】
N1 基准内+收藏+补充关注热度:
接续N+だ/V普通形/イAい/ナA+とおもいきや

意思∼かと思ったが、そうではなく  本以为~,却…

功能场景用于表达<逆接・譲歩>的场景
例句
  • ① 父は頑固だから兄の結婚には反対するかと思いきや、何も言わずに賛成した。/爸爸很固执,本以为会反对哥哥的婚事,结果什么也没说赞成了。
  • ② 彼はマリに会いたがっていたから、帰国したらすぐに彼女のところに行くかと思いきや、なかなか行かない。どうしたんだろう。/他特别想见到玛丽,本以为回国后马上会去她那里,结果总也不去,为什么呢?
  • ③ お兄さんが大酒飲みだから彼もたくさん飲むのだろうと思いきや、1滴も飲めないんだそうだ。/哥哥是个喝大酒的人,本以为他也能喝,结果却是滴酒不沾。
  • ④ 今日も蒸し暑くなるだろうと思いきや、むしろ涼しいぐらいの一日だった。/还以为今天也会变得闷热呢,没想到一天都很凉快。
  • ⑤ 彼もサッカーをするのかと思いきや、ボールの蹴り方も知らないらしい。/我还以为他会踢足球呢,结果貌似连球怎么踢都不知道。
解析
1)「∼と思いきや」の形で「普通に予想すると∼だが、この場合は∼ではなかった」と意外な気持ちを表す。
2)やや古い感じの表現だが、軽妙に言い表す場合に使われることが多く、公式の文や論文などの硬い文章には使われない。
3)引用の「と」で受けるので、前にはさまざまな形が来る。


1)采用「∼とおもいきや」的形式,意为“按照一般情况推想的话应该~,但这次却没有~”,表现说话人的意外之感。
2)虽然是有些老的表达方式,但多用于轻快的话语中,一般不用于正式文章或论文等较为生硬的文章中。
3)由于后接表示引用的「と」,所以前面可以出现各种词形。
注意
后项的结果与前项的预料往往不同或者相反。
易混淆语法辨析
といい~といい /というか∼というか /といわず~といわず/

辨析:①接续不同「〜といい〜といい」前面接「名」。「〜というか〜というか」前面接「動辞書形/イ形/ナ形語幹」。「〜といわず〜といわず」前面接「名」。
②意思相近「〜といい〜といい」表示列举,意思是“ ......也好,......也好’’。「〜というか〜というか」也表示列举,列举ー些印象,意思是“该说……好呢,还是该说……好呢”。 「〜といわず〜といわず」也表示列举,意思是“ ......也好,......也好’’
③用法不同「〜といい〜といい」用来列举同一事物的两个不同方面,后面接续总体评价。「〜というか〜というか」列举对某一事情的评价、印象等。「〜といわず〜といわず」列举具有代表性的两个事物,常用「昼/夜」、「机/いす」等意义相対的词。
【例句】
△このパソコンは外観といい、機能といい、すばらしい。/这台电脑无论是外观还是功能都很棒。
△一人であんな危険なところに行くなんて、大胆というか、無知というか、とにかく私には理解できない。一个人去那么危险的地方,该说是大胆好呢,还是无知好呢,反正我是无法理解。
△朝といわず夜中といわず、電話をかけてくる。/白天也好晚上也好,都打电话过来。

  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

微信咨询

09:00

|

23:00

咨询热线

400

9933-715