ことがある
N3 基准内+收藏+补充关注热度:
接续Vる・Vない+ことがある/こともある

意思  有时也会~

功能场景用于表达<変化・不定>的场景
例句
  • 会社まで近いので、ときどき自転車で行くことがあります。/因为离公司近,所以有时候骑自行车去。

  • たいてい家で勉強するのですが、たまに友だちの家で勉強することもあります。でも、図書館で勉強することはありません。/大部分时候在家学习,可偶尔也在朋友家学习。但不在图书馆学习。

  • 遅く帰ったときは、おふろに入らないで寝ることもあります。/回去晚的时候,也会不泡澡睡觉。

  • 大雪のときは、電車が遅れることがあります。/大雪(天气)时,电车有时会晚。

  • あの人は、あいさつしても返事をしないことがあります。/有时候即使和他打招呼他也不理。

  • ぼくは土曜日の夜は家にいないことがあるよ。/我有时候周六晚上不在家。

解析
「いつもではないが、ときどきそうする、そうなる」と言いたいときに使う。

在想要表达“并不是经常,只是有时会那样、偶尔会那样做”的时候使用本句型。
注意
常和副词「たまに/時々」等搭配使用。
易混淆语法辨析
たら //なら /ば/なら(ば)/

辨析:

①接续不同
「〜たら」前面接续「动词た形一た/い形容词词干+かっ/な形容词词干+だっ/名词+だっ」
「〜ば」前面接续「动词ば形/V、形容词词干+ければ」。
「〜と」前面接续「动词普通形/い形容词普通形/な形容词词干+だ/名词+だ」。
「〜なら」前面接续「动词普通形/い形容词普通形/な形容词词干/名词」。
②区别
「〜たら」、「〜ば」、「〜なら」的后项都可以是说话人的主张或意志,只有「〜と」不可以。
「〜ば」、「〜と」可以用于表示恒常条件。
「〜たら」、「〜と」可以表示意外发现,「〜ば」和「〜なら」不可以。
「〜と」可以表示同一主体相继进行的两项动作,「〜たら」、「〜ば」、「〜なら」都不可以。
「〜なら」可以用于接对方刚提到的话题,「〜ば」、「〜と」不可以。
【例句】
△仕事が終わったら、電気を消してください。(終わると X)/工作结束之后,请把电灯关掉。
△お金を入れてボタンを押すと、切符が出てきます。(押せば 〇)/把钱投进按一下按钮,车票就会出来。
△カーテンを開けたら、海が見えました。(開けると 〇)/打开窗帘,眼前(竟)是一片大海。
△彼女は部屋に入ると窓を開けた。(入ったら/入れば/入るなら X)/她进入房间后打开窗户。
△A「佐々木さんは今どこですか。」/佐佐木现在在哪儿?
B「佐々木さんなら、図書館にいました。」(佐々木さんだったら/佐々木さんであれば/佐々木さん だと X)/佐佐木的话,刚才在图书馆。


  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

微信咨询

09:00

|

23:00

咨询热线

400

9933-715