くせに/くせして 【癖に/癖して】
N2 基准内+收藏+补充关注热度:
接续普通形(ナAな・ナAである/Nの・Nである)+くせに/くせして

意思∼のに  虽然…可是…

功能场景用于表达<逆接・譲歩>的场景
例句
  • 竹内さんは本当はテニスが上手なくせに、わざと負けたんだ。/竹内先生明明很会打网球,却故意打输。

  • 今度入社した人は、新人のくせにあいさつもしない。/刚进公司的员工,明明知道自己是新人,却连个招呼也不打。

  • 彼は本当は友達をいじめているくせに「ぼくは知りません」などと言っている。/他明明欺负朋友,却还说「我什么都不知道」。

  • 親の悪口ばかり言うもんじゃないよ。自分は何もできないくせして。/不要老是说父母的坏话。明明自己什么都不会做。

  • 子供のくせして、文句を言いな。/明明是个孩子,就不要牢骚。

  • 知らないくせに。/明明不知道。

解析
1)「∼くせに…」の形で、逆接の意味を表す。人の悪い点を非難したり軽蔑したりする気持ち、意外な気持ちや不満を表すときに使う。 
2)「くせに」の前後の文は主語が同じ。
3)④の「くせして」はくだけた会話で使う。 

1)采用「∼くせに…」的形式,表示逆接。一般用于谴责、轻蔑别人的短处,或者表示意外、不满等情绪。
2)「くせに」之前的半句和之后的半句采用同一主语。 
3)如例句④的「くせして」是在较为通俗的会话文当中使用的。
注意
表示后项与前项不符合,接在表示人的名词后面时,表示后项与该人的身份不符,带有指责、不满、抱怨的语气。句子的前后项必须是同一主语。
易混淆语法辨析
ことから /ことだから /ものだから/もので/もんだから/

辨析:
相同点:都可以表示原因。
不同点:
①接续不同「〜ことから」:前面接「動/イ形の名詞修飾形」、「ナ形語幹+な/である」、「名+である」。「〜ことだから」:前面接「名+の」,并且一般接在表示人物的名词之后。「〜ものだから」:前面接「動/ナ形/イ形の名詞修飾形」、「名+な」。
②意思不同「〜ことから」:表示原因或者依据。“因为......”;“从......来看’’。句末常用「〜がわかる」等形式。还可以表示某个事物的名称的由来。「〜ことだから」:表示说话人通过对某人的性格特征的了解,做出某种判断。“因为是……”。 「〜ものだから」:表示原因。“因为……”。
【例句】
△指紋が一致したことから、彼は犯人と特定された。/因为指纹相吻合,他被认定为罪犯。
△熱心な田中さんのことだから、頼めばきっと助けてくれるだろう。/因为田中很热心,如果拜托他的话一定会帮忙的吧。
△相手の話し方が早かったものだから、聞き取れないこともあった。/因为对方说话速度很快,有些没听懂。

当前语法配套专题:

N2基准语法266条

  • 早道荣誉
  • 合作伙伴

微信咨询

09:00

|

23:00

咨询热线

400

9933-715